都(1)について


登録番号は「都(x)xxxxx号」または「関東財務局長(x)xxxxx号」といったように現されますが、登録番号が「東京都知事(1)xxxxx号」である業者を、通称・都(1)と言います。ここではその都(1)について話します。

登録番号の罠で説明した通り、現在の東京都の登録制度では4万3千円を払えば誰でも貸金業者として登録番号を取得できるので違法業者達は表上、正規の業者であることを装う為に番号を取得し、堂々と広告をうちだして宣伝しています。

現在では東京都で正規の業者でありながら実質的には闇金融と言って差し支えな違法な業務を行う業者が数百にものぼるといわれています。そして、そのほとんどの業者の登録番号が東京都(1)なのです。

実際に正規の業務活動を行っている業者、または、これから東京都で登録番号を取得して真面目な業務を行おうという人々には迷惑な話ですが、以上のような理由から東京都(1)の番号というのはあまり信用されていません。今後もし東京都(1)の業者を利用する事があれば、細心の注意が必要です。

※当サイトでご紹介している金融業者はこれらの違法業者と一切関係ありません。

消費者金融情報