具体的な対処法


闇金融の被害に遭わない為にも、不審な業者には手を出さないに越したことはありませんが、万が一、闇金融の被害に遭った場合は相手が違法業者であることをハッキリと自覚し、毅然とした態度を取ることが大切です。

相手が違法業者であると気づいた時点で実際に受けた融資額を返金し、これ以上の支払いを拒否する事で取立てが無くなれば話は簡単ですが、実際にはなかなか上手くいきません。一人で解決するにも大変な勇気がいりますし、まずは消費生活センターなどに相談し、適切なアドバイスをうけましょう。場合によっては弁護士の力を借りる必要もあります。

また、取立てが暴力的・脅迫的である場合、脅迫罪や恐喝罪、暴行罪などに該当する場合もありますし、実際に被害が発生している場合は即座に警察へ被害届を出すのが効果的です。

※当サイトでご紹介している金融業者はこれらの違法業者と一切関係ありません。

消費者金融情報